【漢方解説】冷え症・低体温と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

 

【冷え症・低体温】

 

 

こんにちは、ご覧下さりありがとうございます。

店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『冷え症・低体温』です。

 

まず最初に「冷え症」と「低体温」の違いを説明いたします。

 

「冷え症」とは、一般的には冷えを感じない環境であるにもかかわらず、特定の人だけが手足や腰、または全身に冷えを感じてしまう症状のことを言います。

その症状がひどくなると、日常生活に支障をきたすほどの苦痛や不快感をもたらすこともあります。

ただこの冷え症は、体温が高い人に対して発症しないわけではなく、主観的に冷えを感じるかどうかが判断の主となります。

 

一方「低体温」は、一般的に体温が36度未満の場合にそう呼ばれます。

こちらの症状の判断は、主観的なものとは異なり、客観的に測定される数値によってなされます。

よって低体温であっても、特に冷えを感じない場合もございます。

ただ正常体温の方よりも、低体温の方のほうが冷え症を訴えられる場合が多いようです。

 

冷え症や低体温は、西洋医学の考えにおいては「病気」だとはとらえられにくく、また治療が難しい分野でもあります。

逆に漢方理論においては、非常に得意としている分野であり、効果が見えやすいこともあります。

ただし、ホルモンの異常など、何らかの他の病気が隠されており、その結果として冷え症や低体温が生じている場合もあります。

そのため症状によっては、漢方治療よりもまず医療機関への受診をおすすめすることがあります。

 

漢方理論においては、体温を厳密に測定するという考えがなかったこともあり、「冷え症」と「低体温」を分けて考えることはあまりなされません。

よって多くの場合は、同種の治療を行います。

 

漢方理論での冷え症や低体温の原因は、「陽気」という全身を巡るエネルギーのようなものが関係していると考えることが多いです。

私たちの全身はこの陽気によって温められており、またその陽気は「経絡」というエネルギーの通り道の中を進むことにより、全身を温めながら巡っていると漢方では考えます。

 

その考えを踏まえて、冷え症や低体温の原因は大きく分けると2つあります。

1つは、陽気の総量が不足して、体を温めることができないとする原因とするもの。

またもう1つは、陽気の通りが悪くなってしまい、その通り道の先まで温められていない原因とするものです。

 

実際に感じる症状も、その原因によって異なることが多いです。

陽気の総量不足が原因の場合は、全身に症状が現れやすくなります。

一方、陽気の通りが悪くなっている原因の場合は、手や足などの、身体の一部にのみ症状が現れることが多いです。

 

陽気の総量が不足する要因としては、生まれながらの体質や加齢によるものが多くなります。

また、陽気の通りが悪くなる要因としては、外気温やストレスによるものが多くなります。

 

治療に選択する漢方処方も、陽気が不足している場合は、陽気を生み出す処方を選択し、陽気の通りが悪くなっている場合は、陽気の巡りを良くする処方を選択します。

ただ陽気を生み出す処方や、巡りを良くする処方には多くの種類がございます。

そのため実際の治療では、冷え症・低体温以外に現れている症状や、生活環境なども考慮し、総合的な判断から最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「月経不順または更年期症状があり、手足などに冷えを感じる方」

温経湯

 

「強いストレスを感じ、手足などに冷え感じる方」

逍遥散

 

「下半身に痛みを伴う冷えを感じる方」

五積散

 

「汗をかきやすく、疲れやすく、冷え・低体温を感じる方」

補気升陽(黄耆建中湯)

 

「胃腸が弱く、疲れやすく、冷え・低体温を感じる方」

扶陽理中(附子理中湯)

 

「むくみが強く、疲れやすく、冷え・低体温を感じる方」

玄武温陽(真武湯)

 

「腰や膝にだるさやしびれがあり、冷え・低体温を感じる方」

鹿茸大補湯

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時 定休日なし
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です