【漢方解説】不妊症と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

【不妊症】

 

こんにちは、ご覧下さりありがとうございます。

店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『不妊症』です。

 

 

不妊症とは、生殖年齢の男女が妊娠を希望し、2年間性生活を行っても妊娠の成立をみない状態のことであると定義されています。

 

不妊症の原因には男性側にある場合もありますし、女性側にある場合もあります。

漢方理論での不妊症の治療は、女性側についての治療実績が多くなっておりますので、今回は女性側を中心に解説致します。

 

 

漢方理論での不妊の原因は、主に3つのものがあるとされます。

 

1つ目は、「腎(じん)」という機能が弱くなっていると考えるものです。

 

漢方理論でこの「腎」という機能は、臓器としての「腎臓」の機能だけを意味するものではありません。

 

人体には、その生長・発育・生殖や生命活動を維持するものとして、「精(せい)」と呼ばれるものが体内には存在していると漢方では考えます。

漢方理論の「腎」には、その「精」を貯蔵するという機能もあります。

 

「腎」が弱くなると「精」も不足してしまうため、生殖能力も弱くなってしまうことになると考えます。

この原因での不妊治療は、「腎」の機能を高めるような処方を選択することとなります。

 

 

2つ目は、「気(き)」や「血(けつ)」の流れが滞ってしまうものです。

 

漢方の考えで、体内を巡るエネルギーを意味するものに「気」、栄養物質を意味するものに「血」というものがあります

この「気」や「血」の流れが滞ってしまうと、子宮に十分なエネルギーや栄養が与えられないことになり、不妊症状が現れることになると考えます。

 

「気」や「血」の流れが滞る原因としては、ストレスなど精神的な要因であることが多くなっております。

この場合の治療は、「気」や「血」の流れを良くするため、精神的な障害を取り除けるような処方を選択致します。

 

 

3つ目は、「血」の流れと、体内の水分の流れが、非常に悪くなってしまったためとするものです。

 

「血」の流れが非常に悪い状態を、漢方では「瘀血(おけつ)」と言います。

この「瘀血」によって子宮に栄養が行かなくなってしまい、その結果不妊につながると考えます。

 

また体内の水分は、その流れが悪くなると性質が変化してしまい、身体に悪影響を及ぼす存在になるとも考えます。

その性質が悪くなった水分が、子宮の正常な働きを阻害することになり、こちらもその結果として、不妊につながることになります。

この場合の治療は、「瘀血」を解消し、悪くなった水分を取り除くような処方を選択することとなります。

 

大きな不妊の原因としてはこの3つがありますが、他の原因が存在していることもあります。

また、それぞれが単独の原因として存在するものではなく、複合していることはよくあります。

 

 

実際の治療では、これらの不妊の原因に加えて、お客さまの体質や他に現れている症状なども考慮し、最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「冷え症で元気のない方」「腰や膝にだるさを感じる方」

鹿茸大補湯

 

 

「貧血ぎみで、疲れやすい方」

加味帰脾湯、人参養栄湯

 

 

「イライラしやすい方」

加味逍遥散

 

 

「月経前の痛みが強い方」「目の周りにクマができやすい方」

桂枝茯苓丸

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時 定休日なし
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です