【漢方解説】肥満と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は

 

【肥満】

 

 

こんにちは。店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『肥満』です。

 

 

肥満を解消するためには、必要なこととして、基本的な2つのことがあります。

摂取するカロリーを減らすための「食事制限」と、消費するカロリーを増やすための「運動」です。

 

食事制限や運動をすることせず、肥満解消という効果を上げるのは非常に難しいです。

漢方理論での肥満の原因は、カロリーの摂取・消費だけの問題ではないと考えますが、食事制限や運動は、肥満解消の基礎として必要なものであるとお考え下さい。

 

 

漢方理論では肥満の原因を、食事や運動だけではなく、「体質」にも問題があると考えます。

 

摂取した飲食物の消化・吸収・代謝を担うものとして、「脾胃」と呼ばれるものがあります。

体質的に、この脾胃が弱いと肥満になりやすいと考えられています。

 

脾胃は、単なる臓器としての「脾臓」や「胃」よりも、幅広い機能を有していると考え、飲食物からエネルギーや栄養物質を生み出すための、幅広い役割を担っているとしています。

また、もう一つの脾胃の主な機能として、水分の吸収・輸送機能があります。

 

この脾胃の働きに障害があると、飲食物を消化・吸収・代謝する機能が低下することになり、その結果、栄養を必要以上に溜め込むことになります。

また、水分の吸収・輸送にも関わっていることから、水分も体内に溜まりやすくなります。

そのため、漢方理論での肥満の解消は、脾胃の働きを良くすることを目的とします。

 

 

脾胃の働きが低下することによって、引き起こされる肥満のタイプには、大きく分けて2つのものがあります。

1つは、栄養を必要以上に溜め込むことによって引き起こされる、皮下脂肪の多いタイプです。

もう1つは、水分を溜め込みすぎた、いわゆる水太りと言われるタイプです。

 

 

実際の治療では、肥満の程度や肥満のタイプから判断するだけではなく、肥満以外に現れている他の症状や、お客さまの様々な体質なども考慮して、最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「食欲のある方」「腹部に脂肪が多い方」「便秘がちの方」

IMG_1976

防風通聖散

 

 

「胃腸が弱く、食が細い方」「汗をかきやすい方」「むくみの強い方」

IMG_1977

防已黄耆湯

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です