【漢方解説】かぜ症状と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は・・・

 

【かぜ症状】

 

 

こんにちは。店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『かぜ症状』です。

 

 

かぜは、寒く乾燥する冬季にかかる方が多くなります。

しかし、一年中どんな時期でも、かかってしまう可能性のある病気でもあります。

 

かぜをひくことによって現れる症状は、のどの痛み、鼻水、頭痛、胃腸障害など様々ございます。

かぜの原因は、そのほとんどがウイルスの感染によるものです。

その感染するウイルスの種類によって、のどの痛みや胃腸障害などの、特徴的な症状が現れることがあります。

 

また、かぜ症状を引き起こすウイルスの中には、「インフルエンザウイルス」のように治療薬が存在するものもございます。

症状の重さや時期的な流行から、インフルエンザウイルスへの感染が疑われる場合は、漢方治療よりも先に、医療機関での受診をおすすめすることがあります。

 

ただ、かぜ症状を引き起こすほとんどのウイルスには、ウイルスごとに対応する治療薬が現時点で存在しません。

感染症には抗生物質がよく用いられますが、かぜのウイルスに対する治療効果はありません。

 

よって、かぜを早く治すためには、人にもともと備わっている自然治癒力を高め、その自然治癒力でウイルスを抑えることが基本となります。

 

漢方処方は、総合かぜ薬と比べると、のどの痛みや鼻水などの「症状を抑える効果」が、即効性などの面で劣るのは確かです。

ただし、かぜの治療で基本となる、人に備わる自然治癒力を高めるという効果は、漢方薬の得意とするものです。

 

 

漢方の考えにおけるかぜの種類は、大きく分けると、

「寒気の強いかぜ」

「熱感の強いかぜ」

「夏のかぜ」

などがあります。

 

1つ目の「寒気の強いかぜ」は、身体がゾクゾクするような悪寒症状が出ることが多いです。

この種類のかぜの場合は、身体を温めることによりかぜを治療致します。

 

2つ目の「熱感の強いかぜ」の症状は、のどの痛みや腫れが強く、身体全体にも熱感があります。

この場合は、余分な熱を取り除くような処方を選択致します。

 

3つ目の「夏のかぜ」の場合は、身体が重くなり、だるさが強いことが多いです。

胃腸障害を伴うことも多く、治療はその原因を取り除く処方を選択致します。

 

 

実際の治療では、これらのかぜの種類や、強く現れているかぜ症状を判断することに加えて、お客さまの体質や、かぜをひいた時期なども考慮して、最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「かぜのひきはじめの方」「寒気があり、肩や首がこわばる方」

IMG_1951

葛根湯

 

 

「かぜのひきはじめの方」「寒気があり、ふしぶしの痛みが強い方」

IMG_1957

麻黄湯

 

 

「かぜのひきはじめの方」「うすい鼻水や痰の出る方」

IMG_1952

小青竜湯

 

 

「微熱が続く方」「お腹の調子が悪い方」

IMG_1954

柴胡桂枝湯

 

 

「のどが腫れて痛い方」「体全体に熱感のある方」

IMG_1955

銀翹散

 

 

「夏場のかぜ」「体が重だるく、食欲のない方」

IMG_1953

かっ香正気散

 

 

「からだがゾクゾクする方」「頭痛の強い方」

川きゅう茶調散

 

 

「からだがゾクゾクする方」「胃腸が弱く、かぜをひきやすい方」

参蘇飲

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です