【漢方解説】咳と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は・・・

 

【咳】

 

 

こんにちは。店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『咳』です。

 

 

咳は本来、気道内に外部から侵入してしまった異物を排除するための、身体に備わった防衛反応となります。

 

そのため、この咳という防衛反応を無理に止めることは、気道内への異物の侵入を許し、排除を困難にする可能性があります。

咳の抑制は、身体にとってマイナスの作用をもたらすこともありますので、治療にはそのことを考慮に入れておかなければなりません。

 

また、咳の原因によっては、漢方治療よりも、現代・西洋医学的な治療の方が優れている場合があります。

細菌やウイルスによる「感染症」による咳や、アレルギー性の「ぜんそく」の場合などです。

 

そのほかにも、咳の原因として、高血圧の薬による副作用の場合もあります。

 

そのため、咳の原因を明確にさせる観点からも、まずは、医療機関での診断・治療をおすすめすることがあります。

その上で、咳の原因が不明確の場合や、漢方での治療を希望される場合に、漢方治療を行うことがあります。

 

 

漢方の考えでの咳の原因は、肺の機能が何らかの要因で障害を受けたと考えます。

その咳の原因となる肺の障害として、「肺が冷える」、「肺が熱を持つ」、「肺が乾燥する」という3つの障害が大きなものとしてあります。

 

1つ目の「肺が冷える」ですが、その原因としては、身体が外部から寒さを受けたり、元々体質が冷え症によるものなどが考えられます。

この場合の咳は、うすい痰や鼻水が、咳と同時に生じやすいのが特徴です。

また、冷えが強くなると悪化することが多いです。

 

2つ目の「肺が熱を持つ」ですが、原因としては、細菌・ウイルスの感染や、ほてりやすい体質などが考えられます。

この場合の咳は、黄色く粘り気のある痰も生じやすく、体が温まると咳がひどくなることが多いです。

 

3つ目の「肺が乾燥する」は、咳症状が慢性化した場合や、加齢によって起こりやすくなります。

この場合は、咳に伴う痰の発生が少なく、空咳(乾いた咳)が出やすいのが特徴です。

 

それぞれの治療方針は、肺が冷えている場合は温め、熱を持っている場合は冷やし、乾燥している場合は潤すことを目指すことになります。

 

 

実際の治療では、漢方理論での咳の原因を判断することに加え、お客さまの体質や、咳以外に現れている他の症状も考慮して、最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「うすい痰の多い咳」「からだが冷えている方」

IMG_1933

小青竜湯

 

 

「激しく咳き込む方」「黄色く粘り気のある痰のある方」

IMG_1934

五虎湯

 

 

「咳が慢性化した方」「空咳が続く方」

IMG_1935

麦門冬湯

 

 

「からだが弱く、咳の出やすい方」

参蘇飲

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です