【漢方解説】鼻炎と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は・・・

【鼻炎】

 

 

こんにちは。店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『鼻炎』です。

 

鼻炎は大きく分けると、アレルギーの有無により、「アレルギー性鼻炎」と「非アレルギー性鼻炎」の2種類に分けられます。

前者の「アレルギー性鼻炎」は、スギやヒノキなど、季節の花粉によって引き起こされる「季節性アレルギー鼻炎」と、ダニやカビといったものが原因で、一年中引き起こされる「通年性アレルギー鼻炎」に分けることができます。

 

現代では、アレルギーが発症するまでの間で、身体の中で起こっている反応は、医学的に多くの部分が解明されております。

また、アレルギーを抑えるお薬も、以前とは異なり、眠気や口の渇きといった副作用が非常に少なくなったものが開発されています。

 

そのため、「アレルギー性鼻炎」の治療は、症状によって、漢方薬よりも西洋薬での治療をおすすめすることがあります。

もちろん、副作用等の理由などで、漢方薬での治療を希望される場合はご相談下さい。

 

 

もう一つの「非アレルギー性鼻炎」は、「急性鼻炎」と「慢性鼻炎」に分けられます。

急性鼻炎とは、風邪などによる一時的な鼻炎であり、慢性鼻炎とは、長期間に渡り鼻炎症状が現れているものです。

 

この非アレルギー性鼻炎の中でも、特に慢性鼻炎は、漢方治療が多くなされている分野です。

 

 

漢方の考えでの鼻炎の原因は、身体の中に存在する水分が、何らかの要因によって、過剰な状態になってしまっていると判断することが多いです。

その体内に存在する過剰な水分が、鼻水として外に出てきていると考えます。

 

水分が過剰になる要因としては、冷たい飲食物の摂り過ぎや、過労、ストレスなどがあります。

これらの要因は、胃腸の機能を衰えさせることになります。

そのため、飲食物の摂取によって、体内に取り込まれた水分がうまく排出されず、身体の中に過剰に滞ってしまうと考えます。

 

漢方での治療では、この体内にある、過剰な水分を取り除くような処方を選択することが基本となります。

他にも、鼻炎の症状が、鼻水が主な症状なのか、それとも鼻づまりが主な症状なのかも、鼻炎の要因を判断するのに重要な情報となります。

 

 

実際の治療では、鼻炎の原因を判断する以外にも、鼻炎以外に現れている症状や、お客さまの体質なども考慮して最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「水のようなうすい鼻水がポタポタ出る方」

IMG_1925

小青竜湯

 

 

「うすい鼻水で、鼻づまりも強い方」

IMG_1927

葛根湯加川キュウ辛夷

 

 

「粘る鼻水で、鼻づまりも強い方」「熱感の強い方」

IMG_1929

辛夷清肺湯

 

 

「粘る鼻水の出る方」「にきびのできやすい方」

IMG_1930

荊芥連翹湯

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です