【漢方解説】生理痛と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

 

【生理痛】

 

 

こんにちは。店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『生理痛』です。

 

 

生理痛は、身体に発生する痛みの中でも、歯痛や、けがによる痛み、などと異なる性質があります。

それは、痛みだけが発生するわけではなく、イライラしたり、はきけや下痢などの胃腸症状を伴ったりなど、痛み以外の症状が同時に現れやすいことが挙げられます。

 

生理痛の治療は、その痛みを抑えることを第一目標と致します。

ただ、痛み以外に同時に現れる症状も、同時に緩和できるように対処することで、より治療の質が良くなることとなります。

 

漢方薬は西洋薬に比べると、生理痛の痛みそのものを、素早く抑えることはあまり得意ではありません。

その代わり、痛み以外の周辺の症状を抑えることを得意としております。

 

 

漢方理論では、生理痛およびその周辺の症状は、身体のエネルギーを意味する「気(き)」や栄養物質を意味する「血(けつ)」が、子宮に十分行き渡っていないためであると考えます。

この「気」や「血」が子宮に行き渡らないと、正常に機能せず、結果、痛みが発生すると考えます。

 

「気」や「血」が、子宮に十分行き渡らない原因として、大きく2つのものがあります。

1つは、体内に存在する「気」や「血」が、元々、不足しているためとするものです。

もう1つは、「気」や「血」は体内に十分存在はしているが、子宮への流れが滞っているため、子宮には不足し、痛みが発生しているとするものです。

 

生理痛は、月経前半に痛むのか、または後半に痛むのかも、漢方の処方選択には重要な情報となります。

その痛みも、強く鋭い痛みが急に発生するタイプなのか、または鈍い痛みが続くようなタイプなのかでも、処方は変わります。

 

 

実際の治療では、漢方理論としての生理痛の原因を判断すること以外にも、他に感じている症状や、お客さまの体質や生活環境なども考慮して、最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「月経前半に痛む方」「鋭い痛みのある方」

IMG_2001

療方調血(桂枝茯苓丸)

 

 

「月経後半に痛む方」「鈍い痛みのある方」

IMG_2002

当帰芍薬散

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です