【漢方解説】高血圧と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

 

【高血圧】

 

 

こんにちは、ご覧下さりありがとうございます。

店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『高血圧』です。

 

 

高血圧とは、日本も含めて世界のガイドラインで、「最高血圧が140mmHg以上、または最低血圧が90mmHg以上」と定義されています。

 

高血圧になると、それ自体が原因で、頭痛や肩こり、めまい等の自覚症状が現れることもあります。

 

しかし、最も高血圧が危険なのは、心血管病や脳卒中等の、生命に関わる重篤な疾患のリスクを高めることです。

 

漢方薬は、血圧そのものを直接下げる効能については、認められている部分もありますが、西洋薬(降圧薬)にどうしても劣ります。

そのため、健康診断等ですぐにでも血圧を下げる治療が必要だと診断された場合は、漢方治療よりも先に医療機関での治療をおすすめ致します。

 

漢方薬が西洋薬よりも高血圧治療に期待される効能は、「高血圧に伴って現れる症状を緩和」することです。

頭痛や肩こり、めまいといった自覚症状に効果が期待できます。

 

漢方理論での高血圧の原因は、「ストレス」や「加齢」によって身体のバランスがくずれ、その結果、心臓や血管に負担がかかっているためであると考えます。

そのため漢方治療では、心臓や血管に負担をかけているバランスのくずれを整えることを目的とします。

 

 

実際の治療では、漢方理論からの高血圧の原因を判断することだけではなく、お客さまの体質や高血圧以外に現れている症状も考慮して、最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「頭痛、めまいのある方」「イライラしやすい方」

IMG_1883

釣藤散

 

 

「加齢により血圧が上がった方」「疲れやすい方」

IMG_1884

七物降下湯

 

 

「動悸がある方」「のぼせ感のある方」

冠脉通塞丸

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時 定休日なし
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です