【漢方解説】不眠と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は

 

【不眠】

 

 

こんにちは、ご覧下さりありがとうございます。店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『不眠』です。

 

 

不眠とは、健康を維持するために必要な睡眠時間が量的や質的に不足し、そのために日常生活に支障をきたしている状態を言います。

 

現在、不眠を改善する医薬品には、様々なタイプが存在します。

寝付きを良くするために非常に短時間だけ効果のあるものや、途中で起きてしまうの防ぐために長めに効果が続くものなど、不眠の状態に合わせて医薬品を選択することができます。

 

また、使用に際しての安全性が高いものも、以前と比べると非常に多くなっております。

そのため、不眠の症状から西洋・現代医学的な治療のほうが効果的だと判断すれば、漢方での治療よりも、まずは医療機関の受診をお勧めすることがあります。

 

 

漢方の考えで、不眠は「心(しん)」の病気と考えます。

 

漢方でこの「心」という機能は、循環器系の臓器である「心臓」の働きと、意識や精神活動といった「こころ」の働きの両方を含めます。

不眠は、この「心」に対するエネルギーや栄養物質が、不足することによって引き起こされると考えます。

 

「心」に対するエネルギーや栄養物質が不足する原因は、大きく分けて2つあります。

 

1つは、エネルギーや栄養物質は体内に十分存在するが、それらが巡るために必要な通り道が何らかの要因によって滞り、「心」に栄養が送られない状態です。

もう1つは、体内に存在する元々の栄養自体が不足するため、「心」に栄養が足りなくなってしまった状態です。

 

通り道が滞っている場合は、その滞りを取り除く処方を選択し、不足している場合は、エネルギーや栄養物質を補う処方を選択します。

 

 

実際の治療では、これら漢方理論における不眠の原因を判断することに加えて、お客さまの体質や、不眠以外の症状も考慮し、最も適した処方を選択することになります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「眠りが浅く、疲れがとれない方」「疲れすぎて眠れない方」

IMG_2004

加味帰脾湯

 

 

「イライラして寝付きの悪い方」「ストレスを強く感じている方」

IMG_2006

柴胡加竜骨牡蠣湯

 

 

「イライラして寝付きの悪い方」「気分の変動が大きい方」

IMG_2007

抑肝散加陳皮半夏

 

 

「焦燥感や熱感があり、寝付きの悪い方」

黄連阿膠湯

 

 

「夢をよく見たり、寝汗をかくため寝られない方」

天王補心丸

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時 定休日:なし
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です