【漢方解説】皮膚疾患と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

 

【皮膚疾患】

 

 

こんにちは、ご覧下さりありがとうございます。

店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『皮膚疾患』です。

 

 

漢方理論では、皮膚疾患の原因を「皮膚の状態」からだけではなく、「内蔵の状態」や「個々の体質」から得られる情報なども踏まえて、総合的に判断致します。

しかし、基本的な判断は、皮膚そのものの疾患状態を最も重要視し、それに合わせて適切なお薬を選択することになります。

 

 

皮膚疾患の状態には、乾燥してカサカサした皮膚疾患もあれば、滲出液が出ているジクジクした皮膚疾患もあります。

漢方では、その皮膚疾患の状態・症状から、大きく4つのタイプに分けることをよく致します。

 

1つめは、かゆみの強いタイプです。

漢方の考えで、かゆみは、「風邪(ふうじゃ)」と呼ばれる外から来た邪気によって引き起こされるとしています。

かゆみが、風のような速さで皮膚を襲うことから、そのような考え方になったと言われています。

 

2つめは、皮膚の状態が、滲出液のあるジクジクしているタイプです。

こちらは「湿邪(しつじゃ)」という邪気によって皮膚の正常な状態が失われ、水分が多い皮膚炎になっていると考えます。

 

3つめは、炎症が強いタイプです。

赤くなって熱感を持っている皮膚炎は、「熱邪(ねつじゃ)」という邪気により、その症状が現れているものと考えます。

 

4つめは、皮膚の状態がカサカサしているタイプです。

これには2つの要因が考えられます。

1つは「燥邪(そうじゃ)」という邪気が原因で、皮膚を乾燥させ、その疾患が発生していると考える場合があります。

もう1つは、外部からの要因ではなく、体内を巡っている栄養物質や潤い物質等が不足することによって、皮膚に十分な潤いを与えられず、皮膚疾患が発生していると考える場合があります。

 

ただ、実際の皮膚疾患は、これら4つのタイプの中の1つだけに属することは少なくなっております。

ジクジクした状態で炎症が強かったり、カサカサした状態でかゆみが強かったりと、複合した要因から、複合した症状で現れることが多いです。

そのため、皮膚にどのような症状が強く現れているのかをよく観察し、どのタイプの要因が最もその症状に強く影響しているのかを判断することが大切になります。

 

その上で実際の治療では、皮膚疾患以外に現れている症状や、お客さまの体質も考慮することにより、最も適切なお薬を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「かゆみの強い方」「掻くと滲出液が出る方」

IMG_2055

消風散

 

 

「皮膚が赤く、熱感のある方」「皮膚がカサカサしている方」

IMG_2056

温清飲

 

 

「かゆみが強く、皮膚がカサカサしている方」「掻いても滲出液が出ない方」

当帰飲子

 

 

「かゆみがあり、ジクジクする方」「腫れて化膿しやすい方」

十味敗毒湯

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時 定休日なし
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です