【漢方解説】冷え症と漢方

本日の漢方的な考え方で解説する症状は

 

【冷え症】

 

 

こんにちは、ご覧下さりありがとうございます。店主の安福です。

 

本日の漢方的な考え方で解説する症状は、

『冷え症』です。

 

 

冷え症とは、一般的には冷えを感じない環境であるにもかかわらず、特定の人だけが手足や腰、または全身に冷えを感じてしまう症状のことを言います。

 

この冷え症は、西洋医学の考えにおいては、主観的な要素が多いため「病気」だとはとらえられにくく、治療が難しい分野でもあります。

逆に漢方理論では非常に得意としている分野であり、効果が見えやすいこともあります。

そのため医療機関でも、冷え症の治療には漢方薬を用いる場合が多くなっております。

ただし、何らかの他の病気が隠されており、その結果、冷えが生じている場合もありますので、症状が強い場合には医療機関への受診をおすすめ致します。

 

 

冷えの原因を漢方理論では、「陽気」という全身を巡るエネルギーのようなものが関係していると考えることが多いです。

私たちの全身は、この陽気によって温められており、またその陽気は、「経絡」というエネルギーの通り道の中を進むことにより、全身を巡っていると考えます。

 

その考えを踏まえて、漢方理論での冷え症の原因は、大きく分けると2つあります。

 

1つは、陽気の総量が不足して、体を温めることができないとする原因とするものです。

またもう1つは、陽気の通りが悪くなってしまい、その通り道の先まで温められていない原因とするものです。

 

実際に感じる冷えの症状も、その原因によって異なることが多いです。

 

陽気が不足しているという原因の場合は、全身に冷えの症状が現れやすくなります。

一方、陽気の通りが悪くなっている原因の場合は、手や足などの身体の一部に冷えの症状が現れることが多いです。

 

選択する漢方処方も、陽気が不足している場合は、陽気を生み出す処方を選択しますし、陽気の通りが悪くなっている場合は、陽気の巡りを良くする処方を選択します。

 

 

実際の治療では、冷え症の原因の他にも、冷え症以外に現れている症状や、お客さまの体質なども考慮し、総合的な判断から、最も適した処方を選択することとなります。

 

安福直行
薬剤師
日本薬剤師研修センター認定漢方薬・生薬認定薬剤師
日本チェーンドラッグストア協会認定漢方アドバイザー
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト

 

 

【処方選択の一例】

「食欲が無く、冷えのある方」

IMG_2039

人参養栄湯

 

 

「むくみやすく、冷えのある方」

IMG_2038

当帰芍薬散

 

 

「月経不順、または更年期症状があり、冷えのある方」

温経湯

 

 

「腰や膝にだるさやしびれがあり、冷えを感じる方」

鹿茸大補湯

 

 

TEL:0748-33-8602 FAX:0748-33-8603
営業時間:9時~20時
〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町448-3 「ソムリエの薬剤師がやってるお店です。」

文:店主 安福直行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です